スラリーアイス(海水シャーベット状の氷)製氷機の土居技研へようこそ

スラリーアイス写真.jpg

このたびは、当ホームページにアクセスくださり、誠にありがとうございます。 

弊社は創業から32年の間、冷蔵や冷凍装置・機器などを設計、製造、施工してきました。 このホームページで紹介させていただくスラリーアイス(海水や塩水でつくるシャーベット状の氷)は、塩分濃度と製氷時間を調整することで、温度を0℃〜−6℃に調整できることと、スラリーアイス中の氷の粒が融けきるまで、その温度を維持し続けるという素晴らしい性質を持った氷なのです。その他にも優れたメリットはたくさん有り、国内では北は北海道から南は九州まで多くの生産者、漁協、加工業者、流通関係で取り入れられています。 

スラリーアイスは微細な氷の粒と塩水が混ざり合ってシャーベットのような状態で、融けかけた雪のようでもあり、とても柔らかいものです。スラリーアイスを製氷するにあたり、冷やすものに応じて使い方によって微細な氷の粒と塩水(海水)の比率割合を変えて使います。例えば、生きたマグロは脱血などの処置をした後の冷やし込みが必要ですが、その場合は氷の割合を3割程度、7割を塩水にします。この割合ですと水っぽいので魚体の隅々まで行き渡り、効率よく冷却できるからです。また、広島特産の殻付き牡蠣の宅配などには、塩水を切って氷の粒だけ(雪のように)にして発泡スチロール箱に入れます。

 

当社が今まで納入したスラリーアイス製氷機のユーザー様から導入後のご意見をお聞きすると、

「今までいろいろ設備投資をしたけれども、スラリーアイス製氷機ほど売り上げに貢献する設備は他には無いね!」

「スラリーアイスを使うと、鮮度が明らかに違うので、お客様から次もスラリーアイスで商品を送るよう依頼がくる」

といったお言葉をいただきます。

これらのユーザー様に共通していることは、ライバルとの差別化や品質向上や市場開拓といった「攻め」に積極的なユーザー様がスラリーアイスをご利用になって、その結果を出しているということだと思います。

TPPも目前に迫っています。私が自信を持っておすすめ出来るスラリーアイス。是非急いでご検討ください。ここでは書ききれないことがたくさんありますので、まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。スラリーアイスのメリット、デメリット全てお話します。

それでは、お問い合わせお待ちしております。

 

▲このページのトップに戻る